ワードプレスで503エラーがアクセスが爆発してないのに出たときの話

エラー-ワードプレス

ども、サンセカイです。

速報を記事にしたりする
トレンドアフィリエイトにて
ワードプレスブログ
運営していると
瞬間的にアクセスが来ます。

それを爆発と呼んでいますが
サーバーの性能を超えた場合
503エラーが表示されます

その場合、折角のアクセスも
広告を見てもらえないので
無駄になってしまいます。

アクセスが来て凄い嬉しい
となっていた気持ちが
一気にダウン。

でも爆発が起きたことは
喜ばしいことなので
それは良しとしましょう。

問題はアクセスが来ておらず
その上で503エラーが表示、
自分もログインできない
という場合ですよね。

なお自力で解決できなかったので
その上でお読みください。

 

ワードプレスで503エラー

何気なくグーグルアナリティクスを
除いてみたら突然のこのアクセス数。

「え、ペナルティ?」

噂の手動ペナルティかと思って
まずは確認をしようと
自分のサイトにログインしようとしたら
突然「503 Service Unavailable」
「Service Temporarily Unavailable」
などの表示が出てくる。

503エラーと呼ばれるこれは
『サーバーへの同時接続数が
上限に達しているので
閲覧数を制限している場合』
であったり、
『何らかの要因で同時稼動数の
上限に引っかかっている』
などの理由で発生します。

利用者の多い都心の
駅をイメージしてください。

朝方の通勤ラッシュ
改札を通るのにも並び
電車が発車するまでにも
人を詰め込んで
スムーズに発車しない

ああいった状態になると
サーバーは自分を守るために
アクセスを制限し
503エラーが表示されるように
なってしまいます。

他にも何回もデータベースに
アクセスに行くようなワードプレスは
そのまま利用していると
無駄な部分が多いわけで
キャッシュを利用して改善するのですが
そちらはぶっちゃけやってます

画像のサイズを落としたり、
.htaccess ファイル内に
ファイルを圧縮するように
記述したりとやっているのです。

なので
「やべーわ、また爆発しちゃったわ」
とか思っていたのですが……

 

アクセスが爆発したのでは?

グーグルアナリティクスの表示は
リアルタイム以外だと
通常、前日から8日前の
1週間が表示されています。

しかし右上にある
表示する日付の部分を
当日に指定してみましょう
※発生したのは22日でした。

その日のアクセスを
確認することができるのですが
全然爆発してないじゃん!
↓うーん、なんだこれ↓

むしろなだらかにストーンと
崖のように落ちてるじゃん
これはひどい orz

 

ちがう、ちがうの

ネット上で調べても
こうしたら直ったよという
情報はあっても

「この状態はこれが原因で
なのでこれをすると直る」

という具体的な根拠ではなく
何故直ったかがわからないけど
直ったよ!的な感じで
参考にできねぇぇぇぇ。

サーバー選びはきちんとね!
プラン上げたばかりぃぃぃ。

そこから先は一気に
専門性が高くなるので
時間の関係上ささっと
心当たりを洗うことに。

以下、私が試したこと。

アクセス制限⇒じゃない

プラグインのアップデート?
ログインできないから
停止したりできないのおお

テーマが衝突?
⇒FTPソフトでログインは出来た
⇒⇒現在のテーマをバックアップ
⇒⇒⇒テーマを更新してみる
⇒⇒⇒⇒503エラー orz

ログファイルを取っておこう

私が利用しているXサーバーには
ログファイルが保存されており
ダウンロードすることができます。

サーバーパネルにログイン

統計メニューのログファイルを選択

(対象のドメインを選択)

エラーログの一覧のタブを選択

エラーログのダウンロード

これでエラーが見れるのですが
Xサーバーって次の日の
午前3時にエラーログが
削除される仕様なんですよね。

私も記事を書いていて
気がついたのですが……
念の為、取っておくといいでしょう。

ま、見てもさっぱりわからず
何すればいいのか
わからなくてサポートに
問い合わせをしたんですけどね。

解決?してないよ(涙目
時間が解決したよ(遠い目

 

Xサーバーから丁寧なお返事が

要約すると
「今は普通に動いているし、
 503エラーはエラーログを見て
 制限されているならば
 自分で対策してね!」
というお返事が。

で、エラーとしては
こんなのがあるから
探してみてねと
丁寧に教えてくれました
サンキュー、Xサーバー。

▼エラーの例(全てではございません)
————————————————————————
Resource temporarily unavailable(PHP実行時)
Premature end of script headers (CGI実行時)
suexec policy violation: see suexec log for more details(CGI実行時)
mod_fcgid: can’t apply process slot for(FastCGI実行時)
————————————————————————

で、ここでエラーログが
次の日の午前3時に消されるという
事実に気がついたわけです(テヘペロ

一応さきほど本日分の
エラーログをダウンロードして
チェックしてみましたが

(104)Connection reset by peer

というのが一番多くて、
これは途中で読み込みを停止したり
キャンセルされた場合に
発生するようです。

うーん、おそらくIPとかで
ブロックしているので
その辺が怪しい気がする。

結局解決していなかったのですが
当日は選挙で様々なサイトが
瞬間的に爆発を起こしたはず。

共有サーバーを借りていると
それらの別のサイトに
引っ張られて503エラーが
出る場合があります

今回はそれだったのかなーと
釈然としませんが、
普通に動いているので
今はそれに感謝するとします

解決?してないよ orz
サーバーの勉強も
しておくべきだったかなぁ。

ただ、やれることをやったら
いったん割り切って
寝たり別のことをするのって
重要なので覚えておくと○

お恥ずかしい話ですが
私もちょっと前までなら
気になって眠れなかったのですが
今は気持ちの切り替えが
できるようになったんですよね。

そうなるとビジネスだけでなく
色んな面で強くなりますよ!

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。