FGO虚月館殺人事件の犯人は?アリバイや推理の理由など!

2018年5月24日

ども、サンセカイです。

こういったゆっくりと
楽しめるようなイベント
たまにはいいですよね!

私も謎解きが好きで
その手の番組を見たり
謎カフェに遊びに行ったり
したことがあるくらい。

犯人を推理して投票する
というタイミングになりましたし
ホームズのヒントもでました。

深読みしすぎないように
情報の整理をするつもりで
マテリアルをチェックしてます。

犯人はこいつですと
ドヤっている関係でネタバレ
なってしまうかもしれないので
自分で考えたい方は
ブラウザバックなどを推奨

間違っていても許して欲しい
でも全力でドヤりながら
犯人は○○だ!をします(ぉぃ)

 

クリスの事件のアリバイ

ホームズの語り口から
クリスの事件だけで犯人が
わかるようになっていると
推測が出来ますね。

犯人にとって隠し子の
クリスの存在は
想定外であったはず

なのでクリスの事件は
準備ができていない突発的なもの

だからアリバイで犯人を
割り出すことが出来るはず
というお話。

事件が起きたのは
夜の11時25分の前です。

ホーソーン、アーロン、アダムスカ、アン、伍

この5人に関しては
ホーソーン医師の証言で
全員にアリバイがあります

ジュリエットと妹

ジュリエットは自分の部屋に
妹と一緒にいたと発言。

 

一貫してそれが妹だとわかる時は
決して名前で呼ばないのも
マスターにとってはヒントと
なるんじゃないかと。

マスター

早い時間からぐっすり
ポーカーをやっていたのは
マスターの隣の部屋だからと
伍さんから証言あり。

画像は↑のジュリエットが
根拠になりますね。

 

ドロシー

その時間はローリーを
寝かしつけていたと発言。

後に海辺でのアリバイ証言
にて午後10時に就寝して
朝までぐっすりと発言

ローリーと一緒に寝ていた
ということになりますが
アリバイとしては微妙。

かくれんぼをしていたのを
見つけたのはドロシーですが
マスターは知りえない情報でした。

後にケインの発言から
その情報がもたらされるので
アリバイ成立。

エヴァ

マスターがエヴァに対して
お母さんは何をしていたのか
確認をしているところ。

母は早くに休みました
時間ははっきり思い出せない。

頼光さんの一人称は
母でも違和感がありませんが
それはエヴァにも当てはまるのか?

ケインとローリー

事件のあった時間は二人とも
かくれんぼをしていました。

プレイヤーは知っているけれども
マスターは知らない情報でしたが
ケインの証言からドロシーが
探しに来た事はアリバイとして
使えることになります。

 

犯人推理

ホームズのヒントはこの3つ。

  1. 動機がわからなくても犯人はわかる
  2. クリスの事件のアリバイを調べる
  3. 1日目からすでにおかしい

というのが虚月館殺人事件の
犯人を示すヒントですね。

それらに当てはめると

  1. 動機が説明されていない人物である
  2. クリスの事件でアリバイがない人物である
  3. 見た目の認識と役割が違う人物である

ということになります。

で、犯人は?

犯人はハリエットです。

クリスのダイイングメッセージから
犯人は「mom」、母親であること。

ドロシーにはケインとローリーの
かくれんぼを見つけたという
アリバイが存在します。

これはドロシーの発言には
ありませんでしたが
ケインからの情報でマスターも
アリバイとして認識できます。

アンにはアリバイがあるため
残るはヴァイオレット家の母親、
つまりヴァイオレット家の母親が
犯人になるわけです。

ではヴァイオレット家の母親は誰?
実はここだけ明確に誰が母なのか
説明がなかったんですよね。

ハリエットとエヴァの二人だけ
同時に登場してるのですが
ハリエットがエウリュアレ
エヴァが源頼光でした。

ジュリエットがステンノであるため
ハリエットが妹でエヴァが母親
という風にマスターやマシュは
認識したわけです。

ハリエットやエヴァと
その他の人のやり取りを振り返ると
ハリエットが母親でエヴァが妹
と思わしき掛け合いをしています。

また、ジュリエットは
「妹とは似ていない、
二卵性の双子である」
と発言していますね。

よってマスターの認識が
見た目に引っ張られていることが
示唆されています。

というわけで今度は
意識して読むと母親が
ハリエットであるとわかる
そんなポイントをまとめました。

 

意識して読むとわかるポイント

母親の錯誤がこのお話の
メインとなっていると
思われるわけですが
そう意識すればきちんと
ヒントは出ています。

全部紹介するとわずらわしいので
1日目と違和感が大きい
海での出来事にしぼります。

最初の登場時

ハリエットとエヴァが同時に登場
どちらが母で、どちらが妹と
明確に説明がされていません

他のキャラクターは
誰がどんな立場であるか
わかりやすいように
説明がされているのにです。

その後、ホーソーン先生から
双子という言葉が出てきたことで
ジュリエットとハリエットが
双子であると誤認したわけです。

細かいことをいうと
ホーソーン先生とハリエットの
掛け合いは長年の友人として
見たほうが納得がいくような
感じになってますよね。

伍さんの名前を呼ぶ順番

名前を上位者から呼ぶのは
信用の世界で生きている
マーブル商会の人間ならば
当然意識せずともできるだろうと。

浴場は二人ずつ利用していますが
ハリエット、エヴァ
ドロシー、ローリーという順で
名前を呼んでいます。

つまりこれは先に呼ばれたほうが
上位者、つまり母親という
ヒントになっているわけです。

海での出来事

海の掛け合いは見た目に
引っ張られて読んでると
違和感がないですが
意識してると違います。

この辺も娘ならばこんな言い方を
するかなという違和感あり。

昔からとか自分の父親に
いいますかね?

そしてこれが一番決定的ですかね。

「姉妹同士よく似てるね」
という言葉に対して
「二卵性だからあまり似てないと思う」
とジュリエットが返します。

双子だからエウリュアレとステンノが
割り振られていたと認識していた
マスターもあれっと
若干の違和感を覚えるポイント。

 

動機でお話は終わりかな?

アーロンこのクソ野郎というのが
錯誤の最後のヒントであり
動機の推理の元になりますね。

「いつかどこかで一夜を共にした
誰かと間違えたんだろう」

アーロンとハリエットには
過去に関係があったと
推測するのに十分ですね。

そしてモーリスとクリスが
結婚相手になってしまうと
近親婚になるのを避けたかった

事件の動機としてはこんな感じ?

というわけで私はハリエットが
犯人であると投票しました

投票が16日の23:59までと
短いので犯人投票はお早めに。

投票フォームはこちら

ユーザーIDさえわかれば
パソコンからでもいける模様。

この記事をあたってマテリアルを
何回も読み返したのですが
最初からメッセージログだけの
小説として読むと
わかりやすかったのかも。

 

真相解明後

ぐだぐだが始まってしまって
ぐだっちゃいましたが
無事解明できて何より。

全く叩かれる事なく
終えられた上にライターさんも
公開されています。

推理小説家の円居挽さんが
ライターだったわけですが
うまくFGOユーザーの為に
落とし込んでくれたなという印象。

こんなに大事に話を作って
くれる作家さんであるならば
1キャラ担当してくれませんかね(ぉぃ)

個人的には大満足であり
余韻も含めて素敵なイベントで
あったと感想を残して
締めとしましょうか。

ぐだぐだ突っ込んでくるのが
全部悪いんだ!(二回目)

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。