ブログの下書きにツールはいらない?落ち着いたのはこれ!

ども、サンセカイです。

ワードプレスでブログの更新。
記事を投下するために
文章を書き上げるのですが
私はまず下書きを書きます。

人によって色々と違いますが
ツールはいるかいらないか?

執筆時点の私の環境や
考えなどを書いていきます。

私の周りだとそもそも
下書きしない人のほうが
多いんですけどね。

直に書いていると
誤字脱字などのミスが
増えたりしませんかね?
私だけだったりして(*ノノ)

 

ブログの記事はどうやって書いてる?

私は基本的に下書きを書いて
それをワードプレスにコピペ
その後装飾を行っています。

ワードプレスを利用して
ブログを運営している人は
直書きの人も多いでしょう。

特にネット初心者などの
知識があまりない状態から
ブログを始めた人は
ワードプレスのエディターで
直接書いている人が多いです。

エディタで記入していると
確かにその時に一気に
文字に装飾を施したりできて
楽といえば楽です。

しかし、逆に出来上がった後に
チェックしないでアップしたり
誤字脱字をスルーしてしまう
そういうことが発生しやすい。

これを2度手間ととるか
記事のクオリティを上げるために
やっているととるか。

基本的にユーザーフレンドリーで
あることを意識するのならば
意図とは異なって伝わる可能性、
すなわち誤字脱字は避けるのが
適当なんですけどね。

 

私の作業環境

記事を書くまでに
ワードプレス以外で
何かを利用しているか?
という点で挙げていきます。

パソコンの性能とかの
お話ではありません。

なお、私はクソ性能の
ロースペPCを作業用にしてます。

ブラウザ

Chrome系統のVivaldi
昨年から使用しています。

ポイントはChromeの
プラグインである
Quick Noteでしょうか。

メモ書きやネタのリストなど
それらをキープするために
利用しています。

外やたくさんの端末で
やり取りするならば
Evernoteとかの方が
いいと思います(ぉぃ)

WEB上のツール

タイトル文字数カウント君!

タイトルの文字数を
チェックするのに利用。

フリーエリアに候補となる
複数のキーワードを並べて
その上でタイトルを作ることで
無理なくキーワードを入れられます。

ワードプレスでもテーマなどで
文字数をリアルタイムで
出してくれるものもありますが
ワードプレスにログインしないと
わからないんじゃ微妙かなと。

 

文字数カウント

テキストボックスに入力された
文字の数をカウントしてくれる
WEB上のツールです。

タグやブログパーツ、
ASPの広告などを入れると
ワードプレスで表示される
文字数とは異なります。

しかし、使い慣れれば
この位書いたから
ワードプレスだとこの位
という判別も出来るように。

個人的には文字数を意識して
いい記事が書けるのか?
とうと疑問が残ります。

なのであくまで下書きが
メインとなっているのが
このツールですね。

別にテキストエディタでも
問題はありません。

しかし毎回起動したり、
保存したり、
保存したファイルを開いたり
そんなの面倒じゃん?

という考えからこちらに。

なお、一時的に保持している
という形なので
タブがそのままでも
消える時は消えます。

ツール

Clibor

当ブログでも記事にした
何かを調べて書くのならば
非常に有用なツール。

通常1つしか記憶できない
クリップボードの履歴を
管理する事が可能です
※テキストのみ

パソコンを終了しても
次に起動した時に
前回記憶した文字列を
保持する事ができます。

つまり、明日に作業を
持越しするような文章を
ファイルなどに保存せずに
保持する事が可能なのです。

 

下書きにツールはいらない?

ほとんどの人は
下書きしてないと思います。
なので普通はいらない

もしワードプレスの
エディター以外で記事を書く
という意味を指したとしても
私と意図が違うような。

中には文章の装飾もできて
そのままワードプレスに
投下できるツールもあります。

でも、それはワードプレスに
投下するためのエディターが
違うだけではないかと。

例えばある程度の文字数の意識
文章のクオリティの向上のため
私は別で下書きをしています

装飾をワードプレスの
エディターで行う事になるので
自然と文章に目が行き届き
誤字・脱字を見つけやすいのです。

つまり

文章を書く
文字を装飾する

この2工程があれば
別に何でもいいんじゃない?
といいうのが私の主張。

それがワードプレスの
テキストエディターで
文章を書いてから

ビジュアルエディターで
改めて装飾する
という形でも全く問題なし。

ワードプレスのエディタ
文章を書くのに
適しているかというと
正直、そこは疑問が残ります

なのでワードプレス外で
文章を書いているというのが
私の本音ですね。

もしツールが必要だとしたら
書いている途中の文章を
失わないためにこそ
必要だと思っています。

 

下書きの保存にツールがいる

ワードプレスに下書き保存して
もう一回ログインするの?
それともログインしっぱなの?

「面倒じゃないの?」

というのが私の主張。

ただ紹介した文字数カウント
保持している期間は
それなりにあるのですが
いつ消えるかは認識してない。

なので「明日投下しよう」
と思って書き溜めたものが
消えたことが何回もあります

大切なのでもう一度
消えたことが何回もあります。

出来るビジネスパーソンならば
気持ちの切り替えも
できるのでしょうけれども
当時の私は無理でした。

出来る限りそういった
自分の油断から来るミスを
減らしたいのが人の心。

一時的に保存もしくは
保持するのならばCliborは
かなり優秀だと思います。

※本来の使い方とは
おそらく違うと思われる(笑)

 

今回のまとめ

想いをぶちまけてしまったので
最後にまとめます。

  1. 下書き⇒装飾の順にすることで
    誤字・脱字が減るので
    クオリティが上がります。
  2. ワードプレスのエディターは
    使い辛いので下書き書くなら
    別の方がいいよね!
  3. むしろ下書きにツール使うより
    下書きを保存しておく方法を
    きちんと考えたほうが○
  4. 一時的に保存しておくだけなら
    Cliborで十分というか
    マジでおすすめ

ロースペックなパソコンは
ロースペック向けの作業法を
見つけたほうがストレスがない。

私のやり方はパソコンの性能を
ほとんど必要としないので
ロースペPCで頑張っている
あなたにおすすめです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。