後でやるで忘れるもしくはやらない?ならば先にやるしかない!

ども、サンセカイです。

後でやるちゃんと
後でできますか?

出来る人はメンタルが
すでに出来上がっていて
めちゃくちゃ強いと思います。

私は未だにできません(*ノノ)

ではどうするかと考えた時に
先にやるしかない
発送を逆転してみました。

その時は辛いのですが
後回しにすると結局は
それを絶対やらない私。

先に追い込んだ方が
まだやれるので
おすすめですよ!

 

後でやるはほぼやらない

このやらないの私です(真顔

後でやれば良い、
明日やれば良い
最終的につじつまが合えば良い

できるならな!!

というお話ですが
それが出来るならば
メンタル弱くないどころか
激強であるか達成しなきゃいけない
覚悟がきちんとある方なはず。

実はこの『後でやる』という
先送り行為は仕事の成功を
妨げる大きな要因になります。

特にネットビジネスの場合
コンサルを受けていたり
コミュニティに所属していないと
孤独な作業になりがち

つまり自分を管理するのは
自分しかいないので
サボろうと思えば
いくらでもサボれるわけです。

サボる人間の心理としては
実はサボることを
大して重要だと思っていない
という心理があります。

つまりサボっても大丈夫だと
自分に嘘をついてしまう

こうなってしまうと
後はズルズルと作業が遅延し
結局結果を達成することが
できなくなってしまうのです。

 

一度やらないと最終的にやらない

例えば1日3記事を書く
という目標を立てたとしましょう。

1週間では3×7=21記事

「今日サボっても最終的に
21記事書けばいいや!

とか思うわけですよ
てか思ってたわけですよ。

でも実際にはそんな風に
作業することができないので
今度は週から月の目標に。

1ヶ月を30日として
3×30=90記事

「最終的に90記事書けば
目標を達成できるな!」

できませんでした orz
という私の苦い経験。

これは本当にそうなのですが
このつじつま合わせを
確実に遂行する事ができるのは
相当メンタル強いです

もう完全に成功するメンタルを
持っているといっても過言じゃない。

なので遂行できちゃうのに
悩んでてこの記事を見つけた
そんな貴方!悩むの無駄で!
目標に戻りたまへ、ハリーアップ!

さて、では後でやる病患者は
どうすればいいのかというと
やはりこれは自分のメンタルの
問題なので誰にでも効く
確実な答えはありません

ですが私が作業をやり遂げる
きっかけになった考え方を
シェアしたいと思います。

 

真の先送りとは先に作業を増やすこと

「後からやらないなら、
先にやればいいんじゃね!?」

まさしく天才の発想
自分の才能が怖いので
ガチャしよう……
麻婆豆腐はいらないのぉぉぉ
失礼、取り乱しました。

人間適応して楽をする生き物です
なので実は毎日続けているならば
意外と余裕があるものです。

そこで日々のスケジュールを
逆算してどうしても
外せない用事がある場合などは
その日までにその分の
作業を終わらせておく
ただ、それだけのことです。

ポイントは先々までの
スケジュール目標
きちんと認識していること。

「週末は飲み会があって
遅くなるから作業が出来ない
その分平日に記事を書こう」

こう考えた時に
「3+3+4+4+4+0+3=21」
という計画を立てます。

ちょっと頑張れば出来る
という程度にするのがポイント
無理すると結局やらないです。

例えば前日に急に
倍の6記事更新なんて
出来るなら日々の作業量を
絶対増やしていますよね

いつもよりちょっと頑張る
その位で分散させるのです。

そしてここからが
真・先送り戦術
の素敵なところ。

これが出来るならば
作業の貯蓄が出来ます。

不慮の事態に備えて
あらかじめ作業をしておく
何か起きたときに保険として
いきてきますし
何も無くても最終的に
その月の作業量が増えます

私の人間性が出ているのですが
今出来ているから
もうちょっと頑張ろうよりも
いざというときの為に
ちょっと頑張ろうの方が
お得感を感じるので
作業を頑張ることができるのでした。

 

目標に対して想いが曖昧ではいけない

ただ、やり方だけを
愚直に真似するのは
絶対におすすめできません

明確に目標を
作業の先にある未来
思い浮かべないと
やる気が続きませんからね。

月に何記事書く目標で
だから週で何記事
1日何記事と分割します。

この1日の目標を
頑張れるのは
月の目標があるからではなく
その先にある叶えたい
目標があるからですよね?

そこれがモチベーションなので
数字の先にある未来を
確信していないと
結局『真・先送り』もやれません。

人間、数字の上乗せがないと
不安になるので私の場合
記事数という明確に上乗せされる
データを1日の目標にしてます。

そういう理由がないと
一時的にできても続かず
精神的にも辛いですよ。

学校でも部活でも会社でもなく
メンタルを鍛えるいい機会
それがネットビジネスなのは
自分にも意外でしたが
とてもよい機会を貰った
今では受け入れています。

未来をイメージして
明確な目標を元に
日々の作業をこなせば
必ず結果となる。

というわけで週末は
外食しなければいけないので
さっそく作業量を増やす
そんなサンセカイでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。